スピリアル研究所® -夢解釈-

研究内容

研究内容そのものが極秘事項になるため、ここに書いてご紹介することはできません。
何をしたくてデータを集めているのかということだけなら一言だけ公開出来ます。

それは「〝夢〟のゲートへの道を確立させること」です。

2018年の4月から、〝夢プロジェクト〟と呼んでいるこの〝夢〟の壮大な研究がスタートしました。プロジェクトといっても研究員は私一人です。その代わり被験者さんを募ってデータを集めております。
〝夢〟のデータを集めていると聞くと、ああ、〝夢〟サンプルを集めているんだね、と思われがちです。
夢の内容を集めてそのタイプ別に分けて、意味をしるしてそれを蓄積して閲覧できるように、などなど。この作業をしていくと〝夢〟は生まれ続けるわけだから永遠に終わりはありません。それに、現在いろんな方がそれを行ってくださっています。なので私は夢への他のアプローチを行います。
私は〝夢〟の内容や意味をサンプルとして記して残すことはしておりません。その代わり夢解釈のセッションを録音させていただいております。夢解釈のセッション中に〝夢プロジェクト〟に繋がる情報が入っていることもあるので、音源をとっておき、興味深い内容だったなというときは聞き返してそれを〝夢〟データメモとして書き起こし集めていきます。
※自身の研究以外の目的ではこの録音データは公開はしておりません。この時メモではなく録音するのは左脳を使わずにいられるからです。セッション中にメモすることがまれにありますがそれは夢とは関係なく会話の中で出た有益な情報のメモです。どこどこの何がおいしいとか、面白いとかいった感じのメモです。(笑)
もちろん、「〝夢〟のゲートへの道」を確立させる途中にある危険なことも踏まえたうえでの研究、探求・探索になります。
これを確立させることが、出来る・出来ないでなく、可能性があることを端から試していきデータを集めているのです。その中で、繋がる率が高いもの、ややあるもの、一時的にはあってもその後なくなるもの、全くないもの、人によって効果があるもの等そういったものを調べていくのです。

現在も被験者絶賛募集中です。その被験者のタイプには次の形があります。

  • 被験者タイプその1
     イベント被験者:イベント発生のその時、単発にデータを取らせていただいたり、体験してもらって感想などを集めることに協力。
  • 被験者タイプその2
     遠隔地被験者:自宅にいながら指示した内容を試してもらい感想を書いて送ってもらう。場合によってはzoomにて夢解釈を行いながら感想の聞き取りを行う。
  • 被験者タイプその3
     宿泊実験をスピリアル研究所®で行うのに協力していただく。

※被験者タイプその1の方々は夢の干物を味わう会と夢の特別講座を受けていただいております。
また、被験者タイプその2、及び被験者タイプその3の方々には研究内容についてみだりに口外しない旨の誓約書を書いていただいております。

被験者になっていただいた方にはお礼として、

被験者タイプ1の方々は、そのイベントの際の隙間時間に、ご希望の方には夢解釈をその場でさせていただきます。
被験者タイプ2の遠隔地被験者の方々は、実験協力期間中ならいつでも夢解釈をさせていただきます。方法は、zoom等でおこないます。その際、夢見具合の聞き取りもさせていただいております。
被験者タイプ3の方々は現在3名の方に協力していただいています。翌朝の朝食(※私の独断と偏見で作らせていただいています。好き嫌い量などはあらかじめ伝えてもらって作りますが、作りすぎることは多々ありますご了承ください。)もちろんこちらも、宿泊実験の日に夢解釈を受けることもできますし、zoom等で好きな時に受けることもできます。

※被験者募集について、タイプ1タイプ2の被験者はまだまた募集中ですが、被験者タイプ3の宿泊実験は2019年1月末までの予定でいますが、その後単発で行うかもしれません。日程も現在引き受けていただいている被験者さんでいっぱいいっぱいなので夢プロジェクト開始から、1月末の間には、お1人が7回(3人×7回=21回)ほど参加してくれる感じになります。ほんとありがたいです。

被験者の参加条件

条件1
キクノと面識のある方、もしくは、Facebookで私と面識があって繋がってる方のお友達。性別は問いません。夢に興味がある方。(泊まりの実験は女性の方に限らせていただきます。)

条件2
私の実験に賛同していただける方。

条件3
遠隔地実験の前に一度来所して夢の干物を味わう会と夢の特別講座をきいていただき、その内容に沿って実験に入っていただける方。その際の感想、みた夢の内容を提供していただける方。(※被験者タイプ2の方に該当する内容です。但しこの講座を受けないタイプの遠隔地被験者もOKその場合でも研究内容についてみだりに口外しない旨の誓約書は書いていただきます。)

条件4
夢についての話と、その実験の内容、詳細の公開禁止を守っていただける方。
※特別講座は遠隔地被験者対象です。現段階では一般への講座としては未定です。

共同研究者募集

現在、完全にプライベート方面の時間をこの研究に使っております。その時間帯は主に、土日祝日及び平日の夜間です。そのためなかなか進んでないのが現状です。予算もありません。実験したいアイデアは次から次に湧いてくるのですが、それらを形にするための下準備の時間がなかなか取れず。実験に取り掛かれなかったりしております。私は浮かんだアイデアを文字に起こし誰でも読める形にもっていくのにものすごく時間がかかります。アイデアを口頭で話す(形や絵にする)のはさほど苦なくできるのですが、文字にするのに変換作業が必要で、時間がかかっでしまうのです。また、試みたい実験が、スピリアル研究所®でおこなうと一度に一人の被験者さんしか観察実験ができず、また、グループ単位で行う実験などが試めない状況にあります。もちろん一人を対象とした実験でも試したいことは次から次へと浮かんでくるので、現段階では私のやっている実験研究に興味をもって頂いた方でその動向をを楽しんで協力していただける被験者さんのおかげで行えております。
このホームページを立ち上げたのも、もう一歩先へ進みたいそういう思いからに他なりません。このままの現状では、ほぼ足踏み状態です。確立するのはいつのことになるのやらといったところ。せめて一歩ずつでも進めていくことができたらと思っております。おそらくこの分野の研究はこの一歩が飛躍的な一歩になることは間違いありません。

〝夢〟の分野の研究をされている方で、このホームページに辿り着いた方、夢の内容の収集・研究ではなく〝夢〟そのものへ挑む研究をされている方、いらっしゃいませんか。アイデアはあります。私の研究にご賛同頂いて、情報の秘密を厳守していただける方「〝夢〟のゲートへの道」を一緒に確立させませんか。研究費はありませんが「〝夢〟のゲートへの道」を確立させる熱い思いはあります。2017年の春から対面で夢解釈のセッションをさせていただいて、このプロジェクトを立ち上げた2018年4月より思いは強くなっております。(構想はその半年前から)
この道を確立させてからが本番なんです。まだ序章です。
もし〝夢〟の研究を共同でおこなってみるのもよいかもしれないと思われましたら、依頼フォームから連絡をお願いいたします。まずは直接お話をする時間を取りたいと思います。よろしくお願いいたします。